怪しい詐欺情報の見分け方について

怪しい詐欺情報の見分け方について

私たちは、お金やビジネス、この手の情報商材に対して嫌悪する傾向を持っています。

たとえ情報に興味を持ったとしても、それに反するように、

「詐欺情報じゃないの?」

「お金がなくなったら、どうしよう。」

といったように、次々に不安要素を生み出します。

なぜこのような心理が働くかといえば、理由は簡単です。

全くの無価値な情報にお金を払って、損をしたくないからなのです。

当然ですよね。

そこで本節では、

・怪しい詐欺情報とは何なのか

・どうすれば見分けられるのか

これらについて解説していきます。

なぜ情報を怪しく感じてしまうのか

「誰でも簡単に稼げる!」

「不労所得で悠々自適な生活!」

これらのような甘いキーワード、たとえ情報に関心があっても、怪しく感じてしまいますよね?

もしかしたら、本当に簡単に稼げるのかもしれない。

不労所得があれば、会社を辞めれるなぁ…。

でも、怪しいよなぁ…。

そう感じるのはなぜでしょうか?

それは、心のどこかでありえないと思い込んでいるからです。

お金とは本来、汗水垂らして稼ぐもの。

誰でも簡単に稼げる方法なんて、この世に存在しない。

つまり、自分の常識から外れた方法=怪しい、と無意識に決めつけているのです。

これは騙されないための防衛本能とも言えますが、全ての情報に対して怪しいと決めつけるのは得策ではありません。

アインシュタイン『常識とは十八歳までに身につけた偏見のコレクションのことをいう。』

この言葉の通り、その常識とはあなたの偏見に過ぎないのかもしれませんよ。

怪しい投資手法を見分けるには

では具体的に、どうすれば怪しい情報を見分けることができるのでしょうか。

そのためには、以下2つの方法を試してください。

ブランド価値や情報元を確認する

日常に溢れる企業のブランドは、私たちを疑いなく購買させる効果を持っています。

車であればトヨタ、携帯電話なら大手のキャリア、服ならユニクロと言った具合に、知っている企業から買うときは、一切怪しさなんて感じませんよね。

勿論、情報に対しても同じことが言えます。

一見怪しい情報に思えても、根拠を裏付ける論文があったり、YahooやTwitter等の誰もが知る情報で発信されているのであれば、ある程度信頼できると言えるでしょう。

権威性・実績を確認する

その情報を書いているのは誰でしょうか。

専門家やプロが発信している内容であれば問題ありませんが、よく見れば、素人の単なる感想、でっち上げに過ぎないことはよくある話です。

その点から考えれば、先乗り投資法は信頼できると言えるでしょう。

なぜなら考案者の大岩川先生は、数々のメディア露出に加え、株式ディーラー経験もあり、権威性は抜群だからです。

また、教え子から多くの億万長者を排出していることからも、先乗り投資法の実績は十分であると言えます。

TOPページを見る